しゅんたろの文具世界

生産性アップと日々の癒しを求めてステーショナリー・文房具関連の情報を記事にしています。

名入れしたアクロドライブ2+1は男性新社会人へのプレゼントに絶対おすすめだ!!!!

こんにちは。

4月ということもあり、新しい会社に入社をした知り合いも多いのではないでしょうか?

かくいう私も最近親族に新社会人として、初めての会社に入社した人間がいて、入社祝いとして何か名入れのボールペンを送ろうと思い、熟考しました。

 

結論として、アクロドライブ2+1を贈ることにしました。

多色の油性ボールペンというカテゴリの中で、新入社員になる人に贈るペンとしては最適!と思ったからです。

 

アクロドライブ2+1 

 パイロットが出しているアクロドライブというブランドの油性ペンの高級軸バージョンです。他にもジェットストリームやヴィクーニャも高級軸は出していますが、PILOTが最適である理由をこれからご説明します。

 

番外編 そもそも単色ペンではなく、多色ペンである理由

ちなみに、本題に入る前に、多色ペンである理由についてご説明します。

「入社祝い用のボールペンといえば、多色じゃなくて単色が常識じゃない?」

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、新社会人としては多色のほうがもらってありがたいと思っています。特に、シャーペンは職種によっては油性ボールペンよりも使ったりします。

今回贈る相手が就職する業界は、図をかいたりすることが多いのでシャーペンが付いている多色ペンを贈ろうと最初の段階で決めていました。

 

一つ目の理由 価格が適度である

高級とはいえ、値段は3000円以下。

あまり高級だと下っ端な立場だと人前で出すのがためらわれたりしますからね。

もちろん、異動や昇進したらもうワンランク上のボールペンを贈るつもりです。

 

二つ目の理由 書き味が非常によい

ジェットストリームの影に隠れていますが、パイロットのアクロドライブの芯はジェットストリームに負けず劣らず書き味が良いです。

http://www.fumufumu89.com/wp-content/uploads/2015/12/ballpen-hikaku13-580x302.jpg

油性ペンとは思えないほど濃く、黒がでます。

学生の内は油性ボールペンに馴染みがないでしょうから、これを機に油性ボールペンにスムーズに移行できるよう、ベストな書き味のものを贈ってあげたかったのです。

 

番外編 ジェットストリームプライムを選ばなかった理由

どうしても油性ボールペンを考えるときに、ジェットストリームの存在は外すわけにはいきません。

当然、検討対象として、ジェットストリームプライムもありました。

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリームプライム 0.5 ダークネイビー SXE3300005D.9

ただ、自分がジェットストリームプライムを選ばなかったのには三つ理由があります。

  1. クリップについてる宝石のような装飾(プラスチック)が気にいらない
  2. 芯の値段が高い
  3. ノック部分の色がわかりづらい

1の理由は完全に自分の主観です(笑)

2の理由ですが、ジェットストリームプライムの替芯が一本200円に対して、アクロドライブの替芯は80円です。

贈る相手はそこまで文房具にこだわりはないので、替芯はそのまま贈ったペンに入ってる同じものを使うと思われます。そう考えると、安いほうがもちろんいいですよね。

3の部分ですが、下記の画像を御覧ください。

f:id:b-overman:20180422001044p:plain

ノック部分の色が真っ黒です。その代わりにその上のキャップにあたる銀色の部分に微妙に色がついていて、色が見分けられる形になっています。画像は青が見えてますね。

正直、店頭で見たんですが、非常に分かりづらかったんですよね。。。

ノック部分に色がついていないのは見た目はいいのですが、実用性は乏しいと感じました。

ジェットストリームをおとしめる意図はなく、あくまで個人的な意見です。

 

三つ目の理由 価格に比して、人前に出しても恥ずかしくない

 

PILOT アクロドライブ2+1  ブラック

外観もマットな黒と金で高級感がありますよね。

金属部分が金色というのは実は珍しく、今回贈る相手のキャラにもあっていたということもえらんだ理由の一つです*1

特にこだわりポイントはクリップ部分で、クリップ以外でスーツの胸ポケットからはみ出る部分が小さいというのが非常にポイントが高いです。

また、超さりげないポイントですが、胸ポケットに指したときに見えるノック部分が黒と灰色になっており、極力目立たないようになっています。

もし上の画像で赤いノック部分が見えていたら、また評価が変わっていたと思います。

 

四つ目の理由 繰り出し式ではなく、ノック式である

高級なボールペンは、だいたいが繰り出し式*2や振り子式*3です。

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリームプライム 3&1 0.7 ブラック MSXE450000724

やっぱり繰り出しの式のほうがすっきりした見た目になりますよね。

ということで、かっこよさを重視すると繰り出し式なのですが、両手で芯を出さなければいけない繰り出し式よりも、ノック式のほうが機動性があります。

特に新人の頃は、とっさに言われたことをすぐにメモしたり、電話しながら片手でメモをすることが多いですからね。使い慣れない繰り出し式よりも、ノック式のほうがすぐにメモすることができるでしょう。

※個人的には振り子式も捨てがたかったのですが、使い慣れたノック式にしたほうがよいと思い、ノック式にこだわりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

贈る側、送られる側の人柄や性格によっては違うペンをえらんだかもしれませんが、今回はアクロドライブが最適!!と思いました。

今回挙げたようなポイントを満たしてくれるペンは、アクロドライブ以外に見当たらなかったんですよね。。。

 

アクロドライブ最高!のような記事を書いてしまいましたが、相手のことを思って一生懸命に選ぶというのが贈り物をされるときには大事だと思います。

あくまで今回の記事はペンを選ばれるときにどういうところにこだわるか、ということを感じていただけるとありがたいです。

ただ、もしこの記事に共感いただいて、アクロドライブの魅力を知っていただければそれにまして嬉しいことはないですね!

 

 

 

*1:金色と黒の組み合わせは良くも悪くもゴージャスなため、人によっては嫌がる人もいるかもしれません。

*2:軸を回転させることに色を切り替えるタイプのペン機構。

*3:軸の向きを傾けてノックすることで色を切り替えるタイプのペン機構。