しゅんたろの文具世界

生産性アップと日々の癒しを求めてステーショナリー・文房具関連の情報を記事にしています。

フォルダとファイルの違い(文具トリビア)

フォルダとファイル、この二つの違いがあいまいになってきました。

というのも、文具関連で使うというよりも、パソコンまわりで使うことが多くなってきたからです。

「あそこのファイルに入ってたはずだから、あのフォルダにアクセスして・・・」

なんて言われたときには、ちょっとだけ混乱する自分がいます。

 

ファイル

キングジム キングファイル A4 タテ 500枚収納 両開き 2475GXA 青

ファイルはこういった形式の、書類を格納する入れ物です。

では、フォルダはというと・・・

コクヨ 個別フォルダー PP製 A4 5冊入 グレー A4-IFH-M

こういった形式の書類を格納する入れ物です。

あれ?どっちも書類を格納する入れ物という意味では変わらないのでは?と最近思ってきてしまいました。

 

なんとなく見ていると、ファイルは穴などを開けて書類を格納しておく場所。

閲覧することをメインになっているもの指すような気がします。

フォルダは、そのファイルや書類を格納しておく場所、という区分けなんですかね。

 

ちなみに、自分でも調べていて意外に思いましたが、IT用語辞典のファイルとフォルダの違いについて解説した記述がしっくりきました。

☆ファイル = 一定の形式を持った書類

1枚だけだったり、複数ページ分あったりしても、基本的にはひとつのタイトルでまとめた一定の形式をもった書類のこと。

たとえばワープロソフトで数ページの報告書を作成したら、ひとつのタイトルでひとつのファイル、として保存するわけです。

 

☆フォルダ = 各種ファイルをまとめて整理・保存する入れ物

フォルダーは、いろんな種類のファイルを保存します。

形式は別々でも、あるテーマに沿って関連するファイルを放り込んでおけばいいのです。

たとえばワープロ表計算、デジカメの画像ファイルもフォルダーでひとつにまとめられます。

 (なにしろパソコンより引用)

 一つのテーマにそって集められたものをまとめるのがファイル、そうではなく、様々なテーマのものを放り込むためのものがフォルダ、という定義が文具であるファイルとフォルダにおいても一番近そうです。