しゅんたろの文具世界

生産性アップと日々の癒しを求めてステーショナリー・文房具関連の情報を記事にしています。

PILOT バーディ レビュー

昔から、小さくて機能的な文房具に惹かれます。

小さくてたくさん機能がある、もいいのですが小さくて一つの役割だけを黙々とやってくれる、渋い道具も好きです。

そういう文房具は愛着のある道具として、何故か末永く愛そうと思えてしまいます。

PILOTから発売されてから20年以上も愛されているバーディ(シャープペンシル)も、私にとってその中の一つです。

 

 

 

 

外見

このペンは、値段も400円と安価、文房具屋さんで見つけるのも難しくありません。

シャープペンシルコーナーあるいは手帳コーナーに行くと、ひっそりとおいてあることでしょう。

手帳の相棒として使われることを前提としており、非常に小さく、細いボディです。

 

 

全身アルミボディで、シンプルな作りです。

 

 

クリップ部分には製品名もなく、ただメーカーロゴと芯の太さ、生産国が刻まれています。

縦書きされたPILOTの刻印がこれ以上なく輝いている製品です。

また、型抜きされたクリップが、歴史を感じさせます。

 

 

ペン先も至って普通で、何も特別なことはありません。強いて言えば、接合部に黒い素材が使われています。

 

 

魅力:私が気に入っているところ

私のこのシャープペンシルの使い方ですが、ポケットサイズのシステム手帳のペンホルダーに差し込んで使っています。

 

 

使っているのはPLOTTERで、先日入門者におすすめのシステム手帳としてご紹介したブランドのものです。

このシステム手帳もまた革一枚という非常にシンプルな作りで、それがこのシャープペンシルに合います。

 

www.bungusekai.tokyo

 

面白いことに、この小さい道具は使っているうちに手の中で収まりがいいところに自分から収まりにいく性質があるように思えます。

 

 

普通に書いていると思えば

 

 

すっぽりと手の内に入ってしまったり

 

 

なんだかよくわからない持ち方になったりと、中々自由な動き方をしてくれます。

 

そして不思議なことに、こういう特殊な持ち方でもしっくりきてくれるのがこのペンの魅力です。

特にシステム手帳は中間のリングが筆記の邪魔になるので、こういう自由な動き方をしてくれると意外と助かります。

シャープペンシルであることで筆記の角度を気にしなくていいのも、こういう自由な持ち方になる理由の一つかもしれません。

 

まとめ:地味だけれども、使いこなすのが楽しい文房具

いい道具は手に馴染む、というようなことを聞きますが、このバーディを使っているとそれを実感します。

 

 

ミニマムな道具には、人に使い方を想像させる余地があります。

こうかな、こう使えるかな、こうしたら快適に使えるかな、というのはある意味で不合理な行為です。

ただ、人と道具の関係において、こういう寄り道も愛着が湧く因子の一つなのかな、と思ってしまう、そんなお気に入りの文房具のご紹介でした。