しゅんたろの文具世界

生産性アップと日々の癒しを求めてステーショナリー・文房具関連の情報を記事にしています。

「消せる青鉛筆」は鉛筆の良さを味わせてくれる良品 (レビュー)

消せる青鉛筆

社会人になると油性ペンを使うことが多くなり、水性ペンを使うことは稀だと思います。シャーペンを使うことは、もっと稀。

鉛筆ともなると、何年も使っていない人が多いのではないでしょうか。

思うに、中学生になって初めてシャーペンを買った嬉しさで、記憶の隅に追いやられてしまうのかもしれませんね。

 

三菱鉛筆が販売しているこの「消せる青鉛筆」 は、そんな鉛筆リタイア組に鉛筆の良さを思い出させてくれる、とても味がある文房具です。

 

 

濃い青に金字でそこはかとなく高級感がありますが、裏を見ると白地で「消せる青鉛筆」の文字が印字されています。

 

 

この素朴なフォントに、ちょっとなつかしさを感じるのは私だけでしょうか。

 

 

鉛筆は買うまで書き味を確かめることが出来ません。この消せる青鉛筆も例外ではなく、買う前にしっかりと吟味した部分でした。

芯は普通の色鉛筆よりも少し濃い青で、書く前から色に期待が高まります。

 

 

 

 付属の消しゴムは真っ白で、青い軸色によく映えます。

 

書き味と色

色鉛筆の成分はワックスのため、普通であれば芯もやわらかめ。

しかし、この青鉛筆は消しゴムで消せるようにふつうの鉛筆とおなじくらいの硬さにつくってあるので、鉛筆と同じようにとっても書きやすいです。

 

トメ、ハネ、ハライが自然と綺麗に決まるのも鉛筆ならではの良さも引き継いでいるので、「鉛の筆」と書くゆえんを感じることができます。

逆にいうと、顕著にトメているのか、ハネているのかわかります。小学校で使われていた理由が今だからわかりますね。

 

 

こういった鉛筆の良さを持ちつつ、消せる青鉛筆は色を重ねることも得意です。

インクには真似できないグラデーションをかんたんに表現できます。

 

一本で線と面を表現できるというのは普段づかいにも便利です。

手帳などに書くと、ペンにはない柔らかい色が紙面を彩ります。

 

 

先日立ち寄った、KOKUYO DESIGN AWARDでもらったパンフレットに書き込んでみました。

 

少し強く線を引くと、きちんと強調線の役目を果たしてくれました。

ペンと違って、どこか温かみのある書き込みにありますよね。

 

ちなみに、右下は書いた後に消してみたところ。

完全に消えるという感じではないですが、濃く塗った部分もがんばって消してくれました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

たまには鉛筆、というときに普通の鉛筆だとあまりにもつまらない。

そんな方にはこの消せる青鉛筆をおすすめします。

きっと久しぶりに使う鉛筆の、良さを思い出せてくれる一品になると思います。